当選詐欺に注意!多発している手口や対策|被害の相談先3選

当選詐欺に注意!多発している手口や対策|被害の相談先3選 情報商材・副業詐欺

当選詐欺が急増しています。個人情報を登録してしまったり、お金を振り込んでしまったりしてどうすればいいかお困りではないでしょうか。

本記事では、当選詐欺の手口や対策方法を紹介します。メッセージに返信してしまった方は、被害回復に有効な相談先もあわせて確認してください。

蒼空法律事務所

\詐欺被害の返金相談受付中/
弁護士に今すぐ無料で相談する ▶︎

 

当選詐欺とは

当選詐欺とは

当選詐欺とは「懸賞が当たった」「1億円当選した」などと突然メッセージが届き、商品送付のために必要だと偽って、個人情報や金銭を騙し取る手口です。近年被害が急増している詐欺で、各地方自治体や警察、国民生活センターから注意喚起されています。

当選詐欺に遭わないために、よくある手口を確認していきましょう。

 

当選詐欺のよくある手口

当選詐欺のよくある手口

当選詐欺のよくある手口は、以下のとおりです。

  • 詐欺サイトへ誘導する
  • 手数料を要求する
  • 突然当選景品が届く
  • 公式サイトのロゴや名前を悪用する

 
突然身に覚えのないメッセージが届いた際は警戒してください。手口やパターンを知り、詐欺被害を未然に防ぎましょう。

 

詐欺サイトへ誘導する

当選詐欺のよくある手口の一つが、詐欺サイトへ誘導して情報を騙し取る手法です。「当選しました」というメッセージに、景品やお金の受け取り手続きをするようにとリンクが添付されているケースがあります。メッセージのリンクから詐欺サイトへアクセスしてしまうという仕組みです。

詐欺サイトはスマートフォンやパソコンの情報を抜き取ったり、ウイルスへ感染させたりするために作られている場合があります。景品やお金の受け取りのためと偽って詐欺サイトへ入力させた住所や、クレジットカード情報を抜き取るケースもあるため注意しなければなりません。

詐欺サイトに誘導される恐れがあるため、当選を謳う不審なメッセージのリンクには、決してアクセスしないでください。

 

手数料を要求する

当選詐欺は、手数料を要求する手口にも注意が必要です。当選景品発送のための梱包代や送料として、現金を振り込むように要求してきます。振り込んでも景品が届かず、音信不通になることが大半です。

数億円やiPhoneなどの魅力的な景品を前にすると、手数料が安く感じられ支払ってしまった、という被害者の声もあるため注意してください。

突然当選メッセージが届き、景品やお金を送るために必要だと手数料を要求された際は詐欺だと考えましょう。

 

突然当選景品が届く

当選詐欺では、突然景品が届くという悪質な手口も増えています。勝手に商品を送りつけているにもかかわらず、送料や梱包代を要求します。景品が実際に届いていることで、詐欺だと疑わずに要求に応えてしまいやすい点が悪質なポイントです。

身に覚えのない荷物は開封しないことが望ましいですが、開けてしまった場合でも詐欺であればお金を支払う必要はありません。身に覚えのない怪しい荷物が届いた際は、消費生活センターや警察への相談が有効です。

突然届いた怪しい景品には、詐欺の可能性があると覚えておきましょう。

 

公式サイトのロゴや名前を悪用する

当選詐欺では、公式サイトのロゴや名前を悪用する手口に注意してください。公式サイトのロゴや有名企業の名前を使うことによって、当選を信じ込ませる悪質なものです。いつも利用している企業からのメッセージだと勘違いし、会員IDやパスワードなどの個人情報を騙し取られるケースが報告されています。

同じようなロゴの制作や名前の偽装は、詐欺師の常套手段です。公式サイトのロゴや企業の名前が使われているからといって、突然の当選メッセージを安易に信用してはいけません。

 

当選詐欺に遭わないための対策

当選詐欺に遭わないための対策

当選詐欺に遭わないための対策を5つ紹介します。

  • 身に覚えのないメッセージは無視する
  • 個人情報は教えない
  • 金銭の要求には応じない
  • 外部サイトの登録はしない
  • 公式サイトや会社ホームページを確認する

 
当選詐欺の被害を防ぐため、対策法をしっかりと確認しましょう。

 

身に覚えのないメッセージは無視する

当選詐欺に遭わないための対策として、身に覚えのないメッセージは無視することが挙げられます。当選詐欺に限らず、よく知らない相手とのやり取りは危険です。

多くのメッセージは、ターゲットからの返信や反応を狙って無作為に送られます。メッセージは無視し速やかに削除することで、大半の当選詐欺を防げます。

詐欺サイトへ誘導される危険があるため、開封してしまった場合にも添付されたリンクにアクセスしないよう注意してください。身に覚えのないメッセージは早めの削除をおすすめします。

 

個人情報は教えない

当選詐欺に遭わないために、個人情報は教えないことを徹底しましょう。当選景品の発送やお金の振り込みを口実に、個人情報を騙し取られるケースが増えています。プライベートな内容の入力を求められた場合には、本当に必要な情報か、信用できる相手か見極めなければなりません。

盗まれた情報は詐欺師間で売買され、二次被害に遭う可能性もあります。

大々的にキャンペーンや懸賞を行なっていれば、インターネットでも調べがつくはずです。個人情報を教える前に、事実確認を行いましょう。

身に覚えのないメッセージが届き、個人情報の入力を求められた際は詐欺だと考えてください。

 

金銭の要求には応じない

当選詐欺に遭わないために、金銭の要求に応じてはいけません。当選詐欺では送料や梱包代として金銭を要求される場合がありますが、キャンペーンや懸賞などで当選者に負担が生じることはほぼないでしょう。費用が必要であれば、キャンペーンや懸賞の主催者の発信から確認できるはずです。

主催者が見つからなかったり、情報が少なかったりするものは詐欺の可能性があります。

金銭を要求された時点で詐欺を疑ってください。万が一支払ってしまった場合は、専門家への相談をおすすめします。

 

外部サイトの登録はしない

当選詐欺を回避するために、安易な外部サイトの登録は控えましょう。景品発送やお金の振り込みのために個人情報を開示せざるを得ないケースもありますが、登録や入力は慎重に行なってください。

勧められたサイトが信用できるか、見た目での判断は非常に困難です。外部サイトへの登録や個人情報の入力を求められた際は、運営元が信頼できるかを調べる必要があります。運営元の詳細がわからないようなサイトは、詐欺である可能性が高いため注意しましょう。

口座情報やクレジットカード番号を登録してしまった場合は、身に覚えのない請求や出金がないかこまめに確認してください。

 

公式サイトや会社ホームページを確認する

当選詐欺に遭わないための対策として、公式サイトや会社ホームページの確認が有効です。当選詐欺では、公式サイトのロゴや企業の名前を悪用しているケースが多数報告されています。

実在するキャンペーンや懸賞であれば、必ず公式サイトや会社ホームページに情報があります。情報がない、または少ない場合は主催者への問い合わせも有効です。当選詐欺に関して公式ホームページで注意喚起しているケースもあるため、必ず確認しておきましょう。

いつも利用している企業のキャンペーンや懸賞だと勘違いをして、会員IDやパスワード、個人情報が抜き取られる恐れがあるため注意してください。

 

当選詐欺に遭った場合の相談先3選

当選詐欺に遭った場合の相談先3選

当選詐欺に遭った場合の相談先として、以下の3つが挙げられます。

  1. 消費生活センター
  2. 警察
  3. 弁護士

 
当選詐欺は、金銭だけでなく個人情報も騙し取られる危険があるため、速やかな対処が必要です。お金を取り戻せる可能性もあるため、被害を放置せず、専門家への相談をおすすめします。

 

1.消費生活センター

当選詐欺に遭った場合は、消費生活センターへの相談を検討しましょう。消費生活センターには、消費者ホットライン「188」という相談窓口が設けられています。相談料がかからない公的な機関が運営する窓口です。

誰でも利用可能で、過去の事例をもとに専門の相談員からアドバイスを受けられます。当選詐欺は多発している手口のため、ほかの被害者からも相談が寄せられている可能性があり、事例をもとに解決に近づけるかもしれません。

適切な専門機関の紹介も行なっているため、被害回復の第一歩として消費生活センターへ相談してみましょう。

 

2.警察

当選詐欺に遭った場合は、警察への相談が可能です。警察に被害届を提出し捜査を行なってもらえれば、詐欺師が逮捕される可能性があります。被害届を提出していたことで返金請求が成功した事例も存在します。

被害届が受理されるためには詐欺に遭った証拠が必要です。メッセージのやり取りや振り込み明細などは必ず手元に残しておきましょう。

警察への相談で覚えておきたいことが、上手くいったとしても詐欺師逮捕にとどまる場合が大半で、被害金の回収は期待できない点です。返金請求に特化した専門家への相談も検討してください。

 

3.弁護士

当選詐欺の被害回復には、弁護士への相談が最もおすすめです。弁護士には、開示請求や法的手続きを代行できる権限があり、被害金回収のために相手との交渉も行なってくれます。

弁護士へ依頼する際も、詐欺である証拠が残っていることが重要です。メッセージのやり取りや振り込み明細など、証拠になり得るものはすべて保存しておいてください。

個人で返金請求を試みた場合、詐欺師から高圧的な態度を取られると、恐怖心から被害回復を諦めてしまう方もいるでしょう。専門家を代理人とすることで、詐欺師の態度が一転したという事案も多いため、被害回復を諦める前に弁護士への相談を推奨します。

FX・仮想通貨などの高額投資詐欺について弁護士に無料相談してみる

 

当選詐欺の被害相談は当事務所へ

当選詐欺の被害相談は当事務所へ

当選詐欺の被害は、当事務所へご相談ください。当選詐欺の解決実績がある弁護士が被害回復に向けてサポートします。弁護士には守秘義務があり、周りに知られたくない方も安心です。

当選詐欺は個人情報が相手に知られているケースも多く、二次被害も心配されますが、弁護士を代理人とすることで抑止効果も期待できます。

個人での解決が困難な当選詐欺被害には、ぜひ一度当事務所の無料相談をご活用ください。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
error: Content is protected !!