FX自動売買詐欺で多用される手口とは?被害に遭わないための対策

FX自動売買詐欺で多用される手口とは?被害に遭わないための対策 情報商材・副業詐欺

自動売買を利用したFX詐欺に騙されないためには、手口を理解することが重要です。

FXの自動売買は簡単に運用できることから利用者が増加しており、詐欺の手口に使用されるケースが頻発しています。

本記事では自動売買でのFX詐欺で多用される手口と被害に遭わないための対策を解説し、詐欺に遭った場合の相談先を紹介します。

蒼空法律事務所

\詐欺被害の返金相談受付中/
弁護士に今すぐ無料で相談する ▶︎

 

FX自動売買詐欺で多用される手口

FX自動売買詐欺で多用される手口

FX自動売買詐欺で多用される手口は、次のとおりです。

  • インターネットやSNSで過剰な宣伝をする
  • 電話やSNSを使用して業者が勧誘する
  • 巧みな誘い文句で口座開設を促す
  • 高額な自動売買ソフトを売りつける
  • 出金や返金、クーリング・オフに応じない

 
詐欺の手口を理解し、被害に遭わないよう注意してください。

 

インターネットやSNSで過剰な宣伝をする

FX詐欺売買を利用した詐欺の手口の一つが、インターネットやSNSで過剰な宣伝をする手法です。

詐欺師がX(旧Twitter)やインスタに贅沢な暮らしぶりを投稿し、FX自動売買が儲かることを過剰にアピールします。雰囲気商法と呼ばれ、FX自動売買詐欺で多用される詐欺の手口です。

過剰な宣伝に興味を持ったターゲットが詐欺師に連絡を取ると、勧誘メッセージが届くため注意してください。詐欺師の大半は「FXの知識がなくても大丈夫」と自動売買ソフトの購入を巧妙に勧めてきます。

FXの自動売買には知識と経験が不可欠です。興味を持っても詐欺師の宣伝文句を鵜呑みにせず、まずは自身で調べるようにしましょう。

 

電話やSNSを使用して業者が勧誘する

FX自動売買の詐欺では、電話やSNSを使用して業者が勧誘する手口もあります。突然見知らぬ業者から電話がかかってきたり、心当たりのないSNSのアカウントから連絡が来たりした場合、詐欺の可能性が高いでしょう。

詐欺師は「FXの自動売買システムのモニターに当選した」「絶対儲かる」などと言い、入金を促します。ターゲットが入金すると詐欺師と連絡が取れなくなり、お金を騙し取られたことに気づきます。

見ず知らずの業者から投資に勧誘されても、安易に信用せず絶対儲かる話はないと考えましょう。

 

巧みな誘い文句で口座開設を促す

FX自動売買詐欺では、巧みな誘い文句で口座開設を促す手口もあります。「手数料無料」と言われると、「口座開設くらいなら」と詐欺師に従ってしまう方もいるでしょう。

詐欺師は口座を所有する詐欺業者から報酬を得ており、入金したお金は騙し取られることがほとんどです。詐欺師の目的は、口座を開設させ個人情報を聞き出すことです。

詐欺師に個人情報を提供すると「投資に興味がある」「人を信じやすい」と、ターゲットとしてリスト化されます。リストは詐欺グループ内で売買される可能性があるため、個人情報を伝える際は注意が必要です。

 

高額な自動売買ソフトを売りつける

高額なFXの自動売買ソフトを売りつける詐欺の手口もあります。

購入代金を振り込むと、届くのは役に立たない不良品のソフトです。商品が届かず詐欺師と連絡が取れなくなる場合もあります。

海外のFX会社のサイトが表示される手の込んだソフトには、特に注意が必要です。海外FXサイトの画面上では偽の利益が表示され、ターゲットが入金を繰り返します。

金額が膨らむと詐欺師からランクの高いソフトを勧められ、追加購入することで被害額が拡大するケースがあります。

 

出金や返金、クーリング・オフに応じない

FX自動売買の詐欺師は利益や元本の出金や返金を申請しても無視したり、さまざまな名目で追加入金を要求したりして応じません。

ターゲットが自動売買ソフトの契約解除を申し出ても対応せず、クーリング・オフ期間が過ぎるまで明言を避け逃げようとします。

クーリング・オフとは次のような制度であり、相手が要求に応じない場合は詐欺の可能性が高いでしょう。

クーリング・オフは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも、契約を再考できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度です。

引用:クーリング・オフ|独立行政法人国民生活センター

被害対応に苦慮している間に詐欺師と連絡が取れなくなるため、迅速な対応が必要です。

 

FX自動売買詐欺の被害に遭わないための対策

FX自動売買詐欺の被害に遭わないための対策

FX自動売買詐欺の被害に遭わないためには、次の対策を行いましょう。

  • SNSの怪しい宣伝は無視する
  • 高すぎる収益率を鵜呑みにしない
  • 個人情報の提供は慎重に判断する
  • 高額な自動売買ソフトには手を出さない
  • 金融庁が登録している国内FX会社を使用する

 
それぞれの対策について詳しく説明します。

 

SNSの怪しい宣伝は無視する

FX自動売買に関するSNSの怪しい宣伝は無視しましょう。詐欺師は「誰でも簡単に」「完全放置でOK」などと主張し、FXに関する知識のない層を狙います。

美男美女が贅沢な暮らしぶりや稼ぐ方法を紹介している場合は詐欺の可能性が高く、突然の連絡が届いた場合は注意してください。儲かっていることをアピールするため、偽造した口座や取引画面の写真を掲載している可能性があります。

メッセージのやり取りをすると言葉巧みに説得される恐れがあり、アカウントをブロックして無視することをお勧めします。

 

高すぎる収益率を鵜呑みにしない

FX自動売買の詐欺師が主張する、高すぎる収益率は信用しないようにしましょう。

詐欺師は売買画面や過去の実績を偽造し、運用益が出ていると装いますが鵜呑みは危険です。

FX取引は大きな損失を出す可能性がある投資であり、元本保証やリスクについて注意喚起しない場合は詐欺と考えられます。

FX取引に関心を持った方は、通常の収益率について自身で調べ、紹介ではないFX会社を新たに探すことをお勧めします。

 

個人情報の提供は慎重に判断する

FX自動売買の詐欺師に限らず、個人情報の提供は慎重に判断するべきです。

詐欺師に個人情報が渡ると被害に遭うだけではなく、二次被害の恐れがあります。二次被害とは、過去に詐欺に遭った方が詐欺被害の救済をすると言われ、別の詐欺師によって再び被害を受けることです。

詐欺師は警察や消費生活センターの職員や弁護士を装うケースが多く、被害者は信用しがちです。調査費用や返金手続きの手数料といった名目で、さらにお金を騙し取られる被害が急増しています。

個人情報の提供を要求された際は、一度冷静になり必要性を客観的に捉えてください。

 

高額な自動売買ソフトには手を出さない

FX自動売買の高額なソフトには手を出さないようにしましょう。国内FX会社が無料で提供するツールがあるため、高額なソフトを購入する必要はありません。

詐欺師は高価だからこそ価値があるように説明しますが、システムの説明はなく性能の保証は口頭のみの場合が大半です。

FXに関して正しい知識をつけ、まずは無料ツールで実践を積んだあとで有料ツールに挑戦することをお勧めします。

 

金融庁が登録している国内FX会社を使用する

自動売買ツールを利用したFX取引は、金融庁が登録している国内FX会社を使用しましょう。

日本に居住する者に対して金融商品取引を行う際は、海外のライセンスを持つFX会社であっても国内の登録を受ける必要があります。

詐欺師に特定のFX会社に誘導された場合は、金融商品取引業者の登録があるか確認してください。金融庁の「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」の「金融商品取引業者」で、登録の有無が確認できます。

FX会社や自動売買ツールは、見ず知らずの相手からの紹介ではなく、自身で調べて安全性を確認したうえで利用することを推奨します。

以下の記事では、FX自動売買詐欺を行う怪しい業者の見分け方について詳しく解説しています。

本記事と合わせて読むことで、FX自動売買詐欺についての理解が深まります。

ぜひご覧ください。

FX自動売買は詐欺ツールばかり?怪しい業者の見分け方6選
FX自動売買は犯罪ではありませんが、ツールの販売を利用した詐欺が多発しています。返金請求が難しいFX自動売買詐欺では、怪しい業者の見分け方を確認し被害を未然に防ぐことが大切です。FX自動売買詐欺に遭われた際は、返金請求の実績がある弁護士へ相...

 

FX自動売買詐欺に遭った場合の相談先

FX自動売買詐欺に遭った場合の相談先

FX自動売買詐欺に遭った場合の相談先は、次のとおりです。

  • 消費生活センター
  • 警察
  • 弁護士

 
被害者が自力で詐欺師に対応するのは困難であり、早急に助力を求めて行動することが重要です。状況に応じて適切な相談先を選択してください。

 

消費生活センター

FXの自動売買詐欺を疑う場合は、地域の消費生活センターに相談しましょう。消費者ホットライン(188)」に電話すると、地域の消費相談窓口を教えてくれます。

一般市民向けの窓口であり、状況を整理して理解するのに有効です。消費生活センターには詐欺の情報が集約されているため、詐欺かどうかを判断してくれます。

消費生活センターは相談と助言をしてくれる機関です。すでにお金を騙し取られている場合は、被害者本人が返金請求を行わなければなりません。被害者による交渉に詐欺師が応じる可能性は低く、返金請求は難航すると考えられます。

 

警察

FX自動売買詐欺だと気付いた場合は、地域の警察署に相談してください。

警察署に行くことに抵抗がある方は、警察相談専用電話(#9110)」に連絡すると、最寄りの警察署の相談窓口につながります。証拠が十分揃っていない場合、詐欺の被害届は受理されない可能性があるため、何を準備すれば良いか相談しておきましょう。

犯人が逮捕されても被害の回復は警察の管轄外であり、被害者本人が行うことになります。
返金請求は法律の知識が必要なため、専門家の助言なしに被害金を取り戻すことは困難です。

 

弁護士

FX詐欺に遭い返金を求めたい場合は、法律の専門家である弁護士に相談してください。弁護士は法律の知識と職権を用いて返金請求のために助力してくれます。助言だけでなく、被害者の代理人として一任できる点も心強く感じられるでしょう。

相談料無料の法律事務所で返金の可能性について相談してから依頼すれば、費用についても安心です。

弁護士を騙る詐欺師による二次被害も報告されており、FX詐欺の解決実績が豊富な法律事務所を選ぶことが重要です。

FX・仮想通貨などの高額投資詐欺について弁護士に無料相談してみる

 

FX自動売買詐欺に遭った場合は当事務所へ

FX自動売買詐欺に遭った場合は当事務所へ

FX自動売買詐欺に遭った場合の相談先は、ぜひ一度当事務所にご相談ください。投資詐欺に強い弁護士が、豊富な経験と実績をもとに被害回復に尽力します。

詐欺に遭うと精神的ショックも大きく、泣き寝入りしてしまいがちです。迅速に対応することで返金の可能性が高まるため、一人で悩まず早めの相談を推奨します。

当事務所は電話やメール、LINEでの相談を受け付けており、何度でも料金は無料です。オンライン面談も可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
error: Content is protected !!