出会い系サイト・マッチングアプリ詐欺の手口4選|特徴と対処法

出会い系サイト・マッチングアプリ詐欺の手口4選|特徴と対処法 SNS・マッチングアプリ詐欺

出会い系サイトやマッチングアプリを悪用した詐欺が相次いでいます。

被害を予防するためには、詐欺の手口や回避方法を事前に把握することが大切です。被害に遭った場合は弁護士への相談を検討しましょう。

当記事では、出会い系サイト・マッチングアプリ詐欺の手口や回避方法に加え、被害に遭った際の対処法を解説します。

蒼空法律事務所

\詐欺被害の返金相談受付中/
弁護士に今すぐ無料で相談する ▶︎

 

出会い系サイト詐欺の被害例

出会い系サイト詐欺の被害例

出会い系サイトやマッチングアプリを使った詐欺が年々増大しており、警戒が必要です。

代表的な被害例を紹介します。

  • マッチングアプリで知り合った男性から投資を勧められ、仮想通貨の送金をしたあと連絡が途絶えた
  • マッチングアプリで知り合った相手と連絡先を交換する際に、ポイント代が必要と言われ何度も要求された
  • SNSで友達申請してきた相手に出会い系サイトへ誘導され、実際に会うための費用を請求された

 
出会い系サイトやマッチングアプリの詐欺では、数十万円~数百万円騙し取られたケースもあり非常に危険です。詐欺の手口や回避法を知り、被害を予防しましょう。

 

出会い系サイト詐欺の主な手口4選

出会い系サイト詐欺の主な手口4選

出会い系サイトやマッチングアプリを使用した詐欺の主な手口は、以下の4つです。

  1. 恋愛詐欺
  2. 結婚詐欺
  3. デート商法詐欺
  4. 投資詐欺

 
出会い系サイトやマッチングアプリの詐欺では、異性と親しくなりたいターゲットの心理につけ込むため悪質です。詐欺師が頻繁に使う手口を把握し、被害を未然に防ぎましょう。

 

1.恋愛詐欺

出会い系サイトやマッチングアプリを利用した手口に、恋愛詐欺があります。恋愛詐欺とは外国人を装ってターゲットにアプローチをかけ、好意を抱かせてから騙す手法です。

詐欺師はターゲットに甘い言葉をささやき、恋愛感情を抱いているかのように装います。親密になった時機を見て、「将来に向けて投資しよう」「海外にいる家族が病気のため帰国資金を貸して欲しい」などと金銭の話を持ち出し騙し取ります。

出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った相手から金銭の話が出た場合は、詐欺を疑い連絡を取らないようにしましょう。

 

2.結婚詐欺

結婚詐欺は、出会い系サイトやマッチングアプリを悪用した代表的な手口です。結婚の意思がまったくないにもかかわらず、婚約をして金銭を騙し取る手法です。

詐欺師は早い段階から情熱的にアプローチする特徴があり、ターゲットの信頼を得られたと判断するとお金の話を持ち出します。「結婚する前に借金を返したい」「家族の病気治療のためにお金が必要」などと理由をつけて言葉巧みに資金を騙し取り、行方をくらまします。

「婚約相手を助けたい」「無事に結婚したい」というターゲットの気持ちにつけ込んで詐欺を働くため、非常に悪質です。

 

3.デート商法詐欺

出会い系サイトやマッチングアプリを使ってターゲットを誘い出し、高額な商品やサービスを契約させるデート商法詐欺が多発しています。

詐欺師はターゲットと何度かやり取りすると「実際に会いたい」とデートに誘い出します。詐欺師はターゲットに恋愛感情を抱いているように装い、断りづらい状況を作って高額商品を購入させます。

「相手に嫌われたくない」「自身を良く見せたい」という恋愛感情を悪用する卑劣な手口です。詐欺師に連れて行かれた店舗自体が共犯のケースもあり、たいへん危険です。

 

4.投資詐欺

出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った相手に、投資話を持ちかけて詐欺を働く手口が横行しています。詐欺師は「必ず儲かる」「あなただけに教える」などと言葉巧みにターゲットを騙し、仮想通貨やFXなどの投資サイトやツールの購入に誘導します。

詐欺師が紹介する投資サイトは偽造されており実態がありません。投資ツールも有益な情報は得られず購入する価値はないでしょう。

資金を持ち逃げし犯罪の痕跡を消しやすくする目的で、振込先を個人名義の口座に指定する点も投資詐欺の特徴です。

詐欺師はターゲットが好意を抱いたタイミングで投資の話を持ち出すため悪質です。出会い系サイトやマッチングアプリで投資の勧誘をする相手は詐欺師と疑いブロックしましょう。

 

出会い系サイトの詐欺被害の回避方法

出会い系サイトの詐欺被害の回避方法

出会い系サイトやマッチングアプリの詐欺被害を回避する方法は、以下の3つです。

  • 容姿端麗な相手とのやり取りには警戒する
  • 怪しい出会い系サイトは使わない
  • 別アプリへ誘導された場合は疑う

 
詐欺被害を避けるためには、怪しい相手やサイトの見分け方を知ることが大切です。出会い系サイト・マッチングアプリ詐欺の回避方法を確認し、自己防衛しましょう。

 

容姿端麗な相手とのやり取りには警戒する

出会い系サイトやマッチングアプリでは、容姿端麗な相手に警戒することで詐欺被害を回避できます。

詐欺を働くアカウントは、多くのターゲットから注目を集めるために容姿端麗な写真を使います。写真はフリー素材や他人の投稿を不正ダウンロードして悪用したものです。

詐欺師はターゲットに好意を抱かせて断りづらい状況にしたうえで、投資や商品の購入と偽りお金を騙し取ります。

出会い系サイトやマッチングアプリで容姿端麗な相手から金銭的な話を持ち出された場合は、ブロックして連絡を取り合わないように心がけましょう。

 

怪しい出会い系サイトは使わない

詐欺に遭わないためには、怪しい出会い系サイトやマッチングアプリの使用を避けることが大切です。サイトやアプリ自体が、ユーザーから資金を騙し取る目的で運営されている危険なケースがあります。

出会い系サイトやマッチングアプリの運営会社は、「インターネット異性紹介事業届」を公安委員会へ提出する必要があります。届出の有無に加え、本人確認機能や監視体制などが整っているかも確かめておくことが推奨されます。

出会い系サイトやマッチングアプリを使用する際は、事前に情報や口コミを調べて安全性の高いサービスを選んでください。

 

別アプリへ誘導された場合は疑う

出会い系サイトやマッチングアプリで出会った相手から別アプリへ誘導された場合は、詐欺が疑われます。マッチングしたあと、外部のSNSやアプリに誘導する手口は多くの詐欺で使われる常套手段です。

多くの出会い系サイト・マッチングアプリでは金銭のやり取りを禁止しています。金銭に関するメッセージのやり取りが、運営の監視に見つかるとアカウントが停止されるため、詐欺師は別のアプリへ誘導します。

詐欺師はさまざまな理由をつけて別アプリへ誘導しますが、通常のやり取りであれば移動する必要はありません。マッチングした相手から別アプリへ誘導された際は、詐欺を疑いましょう。

FX・仮想通貨などの高額投資詐欺について弁護士に無料相談してみる

 

出会い系サイト詐欺に遭った際の対処法

出会い系サイト詐欺に遭った際の対処法

出会い系サイト・マッチングアプリ詐欺に遭った際の対処法は、以下の4つです。

  • クーリングオフを活用する
  • 消費生活センターへ相談する
  • 警察へ相談する
  • 弁護士へ相談する

 
詐欺被害の回復には証拠を残しておくことが重要です。メッセージのやり取りや相手の情報など、証拠を各機関へ提示するとスムーズに相談できます。

ほかの方が被害に遭わないためには、出会い系サイトやマッチングアプリの運営に通報することも重要です。

 

クーリングオフを活用する

出会い系サイトやマッチングアプリの詐欺に遭った際は、クーリングオフを活用できるケースがあります。クーリングオフとは、商品やサービスの購入・申込みをした場合、一定期間内であれば契約を解除できる制度です。

クーリングオフは販売類型によって返品できる期間が異なり、期限を過ぎると返金が受けられないため迅速な手続きが必要です。

自身のケースがクーリングオフの対象になるか判断が難しい場合は、消費生活センターか弁護士に相談すると良いでしょう。

参考:クーリング・オフってなに?|国民生活センター

 

消費生活センターへ相談する

消費生活センターは、出会い系サイト・マッチングアプリ詐欺に遭った際の代表的な相談先です。消費生活センターには日頃から詐欺に関する多くの相談が寄せられているため、解決に向けたノウハウの蓄積があります。

全国共通の電話相談窓口である消費者ホットライン「188」は、年末年始以外いつでも利用可能です。トラブルの内容によっては適切な専門機関の紹介もしてもらえます。

出会い系サイトやマッチングアプリの詐欺に遭い、自身が取るべき行動のアドバイスが欲しい方は、消費生活センターの利用を検討してください。

 

警察へ相談する

出会い系サイトやマッチングアプリの詐欺被害に対処する方法の一つが、警察への相談です。被害が刑事事件として受理された場合、警察の捜査によって詐欺師の特定や逮捕の可能性が高まります。

捜査が開始されると刑事罰を恐れた詐欺師から示談を申し込まれるケースもあり、交渉による返金が望めます。ただし警察は民事不介入の原則により、被害金回収の対応ができない点は注意が必要です。

捜査対象となる詐欺師の正確な情報がない場合、被害届は受理されないため可能な限り多くの証拠を集めて警察に提示しましょう。

 

弁護士へ相談する

出会い系サイト・マッチングアプリ詐欺に遭った際は、弁護士への相談がおすすめです。詐欺に強い弁護士であれば、解決への道筋やノウハウを熟知しているため被害金回収率が高まります。

素人が詐欺師の身元を調べることは非常に困難ですが、弁護士であれば特権の情報開示請求でより詳しい調査が可能です。詐欺師が特定できると返金交渉に進み、相手が応じない際は訴訟を起こします。

出会い系サイト・マッチングアプリ詐欺は恋愛感情につけ込む卑劣な犯罪であり、被害者は大きな精神的ダメージを負います。法律の専門家に一任し、安心して被害回復を望む場合は弁護士へ相談すると良いでしょう。

 

出会い系サイト詐欺の被害相談は当事務所へ

出会い系サイト詐欺の被害相談は当事務所へ

出会い系サイト・マッチングアプリ詐欺に遭った方は当事務所へご相談ください。

当事務所は、詐欺案件の実績が豊富で解決への道筋を熟知した弁護士が在籍しています。詐欺師は資金を騙し取ると即座に証拠を隠蔽し行方をくらますため、迅速な対処が重要です。

当事務所の無料相談は電話・メール・LINEで受け付けています。ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
error: Content is protected !!